トラックメイキングに必要不可欠なのはPCとMIDIキーボード、あるいはMaschineなどのPAD式のコントローラー。

それだけでも良いのですが、制作に慣れてくると既存のDAWなどに入っているソフト音源では物足りなくなってきてしまいます。

そんなトラックメイカーのために、一押しのソフト音源をご紹介させていただきます。

ソフト音源とは?

soundhouse.co.jp

 

ソフト音源とは、ハード機器音源(シンセサイザーなど)をソフトウェアで再現したものです。

パソコンなどが普及する前はハード音源が主流でしたが、パソコンが進化してメモリやHDDなどの容量が増え、ソフト音源は今やハード音源を超えるほどの音質へと進化しました。

ソフト音源はPCにキーボードやPADコントローラなどを繋げばライブステージなどでも使用が可能です。

ソフト音源の選び方

Native Instruments Komplete 11 Select

 

トラックメイカーに最適な音源の選び方ですが、一番おすすめなのはNI社(ネイティブインストゥルメンツ)の「KOMPLETE」がおすすめです。

理由は、このソフトに搭載されている「Kontakt」という音源を利用するためのソフトウェアが内蔵されており、このソフトはNI社以外の音源も読み込める事から、万能に扱えるためです。

個人的にソフト音源に関しては「KOMPLETE」だけでも十分と言えるでしょう。

トラックメイカーにおすすめのソフト音源

マルチ音源

マルチ音源とはピアノやギターにベース、ストリングスからパーカッションまですべてが搭載されている音源です。

Native Instruments Komplete 11

NI社の最強のマルチ音源です。音楽制作に必要な楽器やソフトはすべて揃っており、もしプロとして活動する事になってもこれ一つさえあれば十分と言えるほどの音源でしょう。トラックメイキングを本気で目指す人は必要不可欠な音源です。

 

Steinberg スタインバーグ ソフトウェアワークステーション HAlion Sonic 3

Cubaseに標準で付属されているHAlionSonicSEの上位機種。Yamahaのサウンドが好きならおすすめの音源です。cubaseの内臓音源だけでは物足りなくなった方は買いだと思います。

 

IK Multimedia SampleTank 3 SE サウンド&グルーヴ・ワークステーション

2万円以下で買える超高音質なマルチ音源です。こんなに安いのに音は分厚く、Hiphopなどのクラブミュージックを作成される人にはおすすめの音源です。

Sampletankを使用してHiphopトラックを作成した動画

 

ギター・ベース音源

ギターやベースなどの弦楽器に特化した音源となります。

Spectrasonics Trilian ベース音源 プラグインソフト

 

音楽制作者には定番のSpectrasonicsのTrilianです。とても音源とは思えないリアルな音質で、これさえあればベースも必要ありません。

 

ELECTRI6ITY

サンプルの動画を見ると、「本当に音源の音!?」というくらいリアルなギター音源。ギターを弾ける人でも弾けない人でも、持っておいて損はないでしょう。実際の動画もご覧ください。

 

MUSIC LAB REAL GUITAR 5

アコースティックギターの音源が欲しいのならこれが一押し。キーボードの単音を抑えるだけでコード弾きが出来てしまう初心者から上級者までおすすめのアコースティックギター音源です。

Twitterで「Trackmakers」をフォローしよう

よく読まれている記事