amazon.co.jp

クラブミュージック系のトラックメイキング動画などを見ていると良く見かけるモニタースピーカー「KRK」

ビートメイカー達はこのスピーカーの何に惹かれ、なぜこのスピーカーを使用するのか?

このページではそんな「KRKニアフィールドスピーカー」の魅力やおすすめの製品をご紹介させていただきます。

KRKのモニタースピーカーとは?

KRK Systemsは、スタジオリファレンスモニターのメーカーとして世界中のユーザーに愛されています。1986年、「ブレインストーム」「ドアーズ」などの映画製作に参加したエンジニアKeith Klawitterにより設立されました。KRKのスタジオモニターは、歪の少ないバランスのとれた自然なサウンドが特徴で、世界中のレコーディングエンジニアやアーティストに絶大な信頼を寄せられています。

引用元:サウンドハウス

KRKモニタースピーカーの種類

VXT シリーズ

VXTシリーズはKRKのフラッグシップのモデルの「Expose E8B」を元に開発されたモニタースピーカー。

丸みを帯びた形が特徴的で、高音から低域まで幅広い音域を実現。

中でもVXT4は、シリーズの中で一番小さなサイズ(ウーファー部分が4インチ)にもかかわらず、ローエンドの聴こえ方は一般のモニタースピーカーの6インチ並です。

低域が多く含まれるロックやダンスミュージックなどにおすすめのモニタースピーカーです。

※現在は廃盤となっております。

Vシリーズ

Vシリーズは上記の「VXT」シリーズの後継のモニタースピーカー。

丸みがなくなり、Rokitに少し似たようなフォルムでヴィンテージ感のある見た目が特徴的です。

VXT以上のポテンシャルを発揮するべく、ツイーターやアンプ部分を大幅に改良し、更にパワーアップしました。

Rokitシリーズ

amazon.co.jp

 

KRKの中でもユーザーにもっとも使用されているモデルがこのRokitシリーズ。

VXTシリーズのテクノロジーを引き継ぎ、コンパクトでパワーのあるモニタースピーカーです。

サウンドはこのサイズからはとても想像できないくらい音域の幅が広く、VXT同様伸びのあるローエンドが特徴的でミキシングにも最適。

1台20,000円以下から買えるモデルもあり、コスパも良くクラブミュージック系のトラックメイキングをするならこのモデルがおすすめです。

KRKスピーカーの魅力

KRKモニターの魅力はなんといっても「コスパ」でしょう。低価格でコンパクトなのに高音域から低域までのレンジが広く、Hiphopからハウスにトランスまで、幅広いジャンルで活用できます。

黄色いクールなボディも魅力の一つで、自宅などにスタジオに置いてあるだけでもインパクトがありますね。

低価格高音質カッコいいボディ。クラブミュージックを制作する「良いところ取りの3拍子」が揃っている事もあり、

プロからアマチュアまで数多くのアーティストに利用されています。

KRKモニタースピーカーを使用している主なアーティスト

Deadmau5・Scott Storch・Mr.Prodz・Nicky Romero・Avicii・Zedd・Skrillex・Steve Aoki・Porter Robinson・Martin garrix・Waze&Odyssey・Eminence・Wilkinson・Edward Maya・AlexMetric

参考までにKRKのモニタースピーカーでミックスした楽曲

KRKのRokitシリーズおすすめ

KRK Rokit Series 5

Rokitの中でも一番コンパクトなモデル。小さくても低域から広域までの幅が広く、金額も2万円以下なのでクラブミュージックなどを制作するには申し分ないモデルです。部屋が狭かったり、あまり大きな音を出せない部屋であればこのモデルがおすすめです。

おすすめ! KRK Rokit Series 6

Rokitシリーズの中間のモデルです。大きすぎず小さすぎず、自宅で使用する分には一番ちょうど良いモデルだと思います。Hiphopからハウスやテクノにトランスまで色んなジャンルに対応できます。「良い音」でミキシングにも拘りたい人はおすすめです。

KRK Rokit Series 8

 

Rokitシリーズで一番大きなモデルです。幅広いジャンルで活用したい場合はこのモデルが良いと思います。ただ大きすぎるがゆえに重量で、大きな音が出せない小さな部屋などでは、このモニターがもつ力を発揮できない可能性がありますので、なるべく大きな部屋などで使用する事をおすすめします。

KRKのVシリーズおすすめ

KRK V Series 4 V4

10万以下で買えるKRKのVシリーズ4。クラブミュージックを制作するには申し分ないモデルでしょう。Vシリーズで一般の家庭で使用するのであればこのモデルが一番最適かと思います。

KRK V Series 4 V6

Vシリーズの中間のモデルです。制作はもちろん、ミキシングも完璧にこなしたい人におすすめです。狭い部屋だとこのモニターの力が発揮できないので、8畳以上の部屋での使用が最適です。

KRK V Series 4 V8

KRKのVシリーズで最上級モデルです。広い部屋でないとこのスピーカーの力は発揮できないと思いますが、大きいだけあって音のレンジはかなり広く、制作にもミキシングにもどちらも万能に使えます。プロフェッショナルを目指すならこのモデルがおすすめです。

KRKのモニタースピーカーまとめ

KRKは沢山のクラブミュージック系クリエイターに愛され、使用されているモニタースピーカーです。

あなたがトラックメイカーであり、もしモニタースピーカーで迷っているのであれば、「KRK」は間違いなくあなたの理想を叶えてくれるポテンシャルを発揮するでしょう。

コスパ最強のKRKモニタースピーカーをぜひ体感してみはいかがでしょうか。

Twitterで「Trackmakers」をフォローしよう

よく読まれている記事