トラックメイキングを始める人は好きなアーティストのトラックや、ビートメイカーに憧れて始める人が多いと思います。

そんな中、トラックメイカーを目指してみたのは良いものの、まずどうしたら良いか?何から知ったら良いのか?何から集めたら良いのか分からない!

そんな人のために、トラックメイカー必須の書籍を紹介させていただきます。

トラックメイカーを目指すためのおすすめの教本

おすすめ!:トラック・メイカーが教える クラブ・サウンド・テクニック99

トラックメイキングを一から最後まで学ぶにはこの1冊でOKなのでは?というくらいまさに「トラックメイカーになるための本」です。色々な書籍で迷ったらこの本を買うのが一番おすすめです。

プログラマーが教えるDTMテクニック99

DTMテクニックの本と書いてはありますが、ほぼトラックメイキングのノウハウが詰まった教本となっております。基本中の基本から、超がつくほどの裏技テクニックまで公開しているトラックメイキングをするには、なくてはならない一冊なのではないでしょうか。

クラブ・ミュージックのための今すぐ使えるコード進行+ベース&メロディ

サンプリング以外にも打ち込みなどに挑戦してみたいという人におすすめの一冊です。コード理論はなんだか難しそうと思っても、読めばすぐに理解できる優しい本です。ある程度トラックメイキングを学んだあとに読むのがおすすめです。

きちんと知りたいDTMerのための打ち込み基礎知識

知識はもちろん、各楽器のパートや奏法を再現するためのテクニックが書かれており、解説内容がついたSMFファイルとMP3ファイルがダウンロード出来ます。ドラムの打ち込みからベース、ストリングスからブラス音まで、きちんと基礎から知りたい人におすすめの一冊です。

DJ&トラックメイカーになれる本

トラックメイカー版のサウンドデザイナーです。トラックメイキングの他にDJプレイの基本テクニックや、EDMの作り方から更にフリーサンプルの素材集まで。なんとSKRILLEXのインタビューまでついてトラックメイカーにはなくてはならない一冊なのではないでしょうか?限られた数しかないようなので、ご購入はお早めに!

トラックメイキングの基本スキル

tofubeatsさんが監修されたトラックメイキングの基本スキルが学べる本です。基本以外にもビートメイキングのためになる情報がたくさん詰まっておりますので、トラックメイカー上級者の人にもおすすめの1冊です。

Ableton Liveによるトラックメイキング

Ableton Liveをこれから始めてみたい人や既に持っている人でも重宝する1冊です。Liveで楽曲制作をする基本から、ライブなどで使う方法など、

Liveユーザーに役立つ情報が満載です。

よくわかる作詞の教科書

制作活動をしていれば、トラックメイキング以外にも作詞なども依頼される事もある可能性があります。そんな時に読んでいただきたいのがこの一冊。意外と作詞なんて簡単なのでは?と思いがちになっている人もいますが、実は作詞の世界は凄く奥が深いのです。今後の制作活動で困る事がないように、持っているだけでもおすすめです。

Twitterで「Trackmakers」をフォローしよう

よく読まれている記事