トラックメイカーと作曲家。どちらも音楽に携わっていることは同じですが、違いが良く分からない人も多いのではと思います。

この記事ではトラックメイカーとは?作曲家とは何かを説明させていただきます。

作曲家とは?

作曲家(さっきょくか)は、音楽を創作(作曲)する人のことであり、とくにそれを生業とする人を指す。日本語で作曲者というとそれより広い意味を持つことがある。

wikipedia

作曲家とはメロディー(歌の部分)を作る人で、「完成したトラック、あるいは未完成のインストに合わせて歌を作る人」の事を指します。

制作の現場ではインストに対して、キーボードや鼻歌で1コーラスを録音したり、インストを聴きながら譜面を書いたりしてメロディーを完成させていきます。

基本的には音楽全般、このような作り方をしています。

トラックメイカーとは?

トラックメイカーまたはトラックメーカー(英: track maker)は、音楽のバッキングトラックの制作者や、インストゥルメンタル楽曲の作曲家・編曲家を指す言葉である。

海外では「ビートメイカー」がこれにあたり、プロデューサーを兼ねていることもある。

wikipedia

トラックメイカー、ビートメイカーとは主にインストの制作者のことを指します。

日本ではHiphopやR&Bなどの楽曲制作者を「トラックメイカー」と認識している人が多いようですが、

EDMやHOUSE、Tranceなどのインストを制作する人もトラックメイカー、またはビートメイカーと呼びます。

トラックメイカーと作曲家違いまとめ
  • 作曲家はインストにメロディをつける人
  • トラックメイカーはインストを制作する人

Twitterで「Trackmakers」をフォローしよう

よく読まれている記事