基本的なトラックメイキングなら通常のマウスでも良いと思いますが、作業効率を良くするためにもマウスには拘りたいところです。

そんなマウスにも拘りたい方に「トラックメイキングにおすすめのマウス」を紹介させていただきます!

マウスの種類

マウスは大きくわけて2種類あり、「通常のマウス」と「トラックボール」タイプがあります。通常のマウスはPCなどを購入した際についてくるポピュラーなタイプです。

トラックボールはデバイスの上にあるボールを指で動かし、その動きをセンサーで捉えてポインターの動きに反映させるタイプです。主にミキシングエンジニアなどが好んで使用します。

マウスの選び方

制作で使用するなら「通常のマウス」で、ミックスを中心とするのであれば「トラックボール」がおすすめです。トラックボールタイプは慣れるまでに少し時間がかかりますが、一度慣れてしまえばかなり使いやすいです。トラックボールと通常のマウス両方を購入するのもおすすめです。

 マウスを選ぶ上での注意点で、楽曲制作では「ワイヤレスタイプ」のものはおすすめしません。ワイヤレスタイプはマウスポインタのタイムラグが生じてしまい、作業効率があまり良くないためです。マウスは有線タイプのものをおすすめします。

トラックメイカーおすすめのマウス

エレコム 有線BlueLEDマウス M-BL25UBSシリーズ 静音

1000円以下の男性も女性も手に馴染みやすいマウスです。制作ではあまり小さなマウスは適さないので、このくらいの大きさのマウスがおすすめです。

ロジクール Trackman Marble TM-150r

ロジクールのトラックボール型マウスです。音楽制作をしている方はこのタイプを使用しているのを良く見かけます。トラックボールを始めて使用する方におすすめです。

 

ロジクール(Logicool) M570t

一見通常のマウスのような形をしたトラックボールタイプのマウスです。親指でボールを回して人差し指と中指でクリック操作をします。マウスに使い慣れている方はすぐに慣れると思います。

ケンジントン Expert Mouse

ケンジントン製のトラックボールマウスです。レコーディングスタジオなどで良く見かけるタイプで、形もかっこいいのでデスクに置いてあるだけでも見栄えが良くなります。

ケンジントン SlimBlade Trackball

上記で紹介させていただいた、ケンジントン Expert Mouseの進化系です。持っているだけでプロフェッショナルを味わえそうですね。耐久性も良いので、制作活動をずっと続けていくのであれば、おすすめのマウスです。

Twitterで「Trackmakers」をフォローしよう

よく読まれている記事