楽曲を制作する上で必要不可欠なのが「MIDIキーボード」です。キーボードがなくてもDTMソフトさえあればマウスで音を入力する事も可能ですが、より迅速にリアルタイムでの曲作りをするためには、MIDIキーボードは必需品です。

MIDIキーボードにはパッドがついているタイプや、フェーダーがついているタイプなど色んな種類がありますが、何を基準に選んだら良いのか?初心者の方におすすめのキーボードを紹介させていただきます。

MIDIキーボードとは?

出典:shimamura.co.jp

 

MIDIキーボードとは「MIDI」という信号をケーブルでPC内のDTMソフトに、キーボードで打ち込んだ情報を送るためのコントローラーです。打ち込んだ情報を送るだけの機材なので、音源は内蔵されておらずMIDIキーボード単体では楽器として使用はできません。

MIDIキーボードで音を鳴らすには、外部音源もしくはDTM内に入っているソフトの音源を通して使用する事が前提となります。ちなみに現在のキーボードは、MIDI入力・出力はほとんど搭載されておらず、USBキーボードが主流となっております。

MIDIキーボードの選び方

出典:shimamura.co.jp

 

キーボードのタイプは、大きく分けて25鍵・32鍵・49鍵・61鍵・88鍵のタイプがあります。どのタイプもジャンルによって使い勝手が異なりますが、おすすめは49鍵盤~61鍵盤が良いでしょう。

理由はどのジャンルにも適用でき、おく場所にも困らないので、ずっと使うのであればこのあたりのキーボードが無難でしょう。

尚、キーボードには「トランスポート」という音を1オクターブ上げる事ができる機能がついているので、必ずしも鍵盤数の多いものを買えば良いという事はありません。

←スクロールします→

鍵盤数 25鍵~32鍵 49鍵~61鍵 88鍵
おすすめ度
おすすめジャンル Hiphop,EDM,Trance Hiphop,EDM,Trance,R&B Hiphop,EDM,Trance,
R&B,J-POP
不向きなジャンル J-POP,R&B J-POP なし
メリット どこでも持ち運べる 小さすぎず大きすぎず
オールマイティに使える
鍵盤数が多く、
どのジャンルにも対応
デメリット 小さすぎてポップスや
R&Bには不向き
88鍵盤に劣り、J-POPやバラード
などの楽曲を制作するには難しい
大きくて置く場所が限定される

おすすめのMIDI・URBキーボード6選

それでは、おすすめのMIDIorUSBキーボードを紹介させていただきます。

おすすめ!:KORG microKEY2-37 AIR

なんとこのモデルはBlurtoothが搭載されたモデルとなっております!

出典:www.amazon.co.jp

 

このキーボードには、無料の音楽ソフトが付属で付いており、PCやMac、もしくはiphoneなどを持っていれば、専用のアプリを使用してDTMを楽しむ事ができます。このキーボードがあれば買ったその日に音楽制作が可能です。

M-AUDIO Keystation 49

8000円以下で買えるコスパ最強のMIDIキーボードです。初めてキーボードを買うけどどんなものが良いか分からない人は、これがおすすめです!

NEKTAR IMPACT GX61

最近発売されたMIDIキーボードの中では一番新しいモデルです。タッチ感や耐久性も良く、61鍵盤モデルのキーボードでは今一番売れているキーボードだと思います。楽器店の方もこれをかなりおすすめしておりました。更に2万円以下!61鍵盤モデルを探している人はこれがおすすめです!

KORG NANOKEY-ST nanoKEY Studio

8個のパッドに8個のフェーダー。更にカオスパッドまでついた遊び感覚で制作が出来るミニキーボードです。Bluetooth搭載でケーブル接続なしで使用可能!移動する事が多く、外で制作活動をされる方やライブなどにおすすめのキーボードです。

Akai Professional MPK mini MK2

真っ赤なボディが特徴的の25鍵盤キーボードです。全体的な形がAKAIらしさがあってクールなモデルですね。持ち運びも便利なので、外での制作やライブなどでの使用に最適です。

KORG microKEY-25

ドライバーのインストール不要で、PC、MACに差し込めばすぐに使用できるミニキーボードです。ピッチベンドやモジュレーションも使いやすく、コンパクトで持ち運びも便利なので、ライブや移動先での制作にも使用可能です。また、キーボードにDTMソフトが付属されており、お値段はなんと5千円以下

PCやmacがあればすぐに音楽制作が可能です。この他に37鍵や61鍵モデルもありますので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

Twitterで「Trackmakers」をフォローしよう

よく読まれている記事